お勧め・お買い得PCゲームセール情報

Green Man Gaming PCゲームセール情報:最新ゲームが40%オフ!「Batman: Arkham Knight」わずか$36.00
Steam PCゲーム セール情報:ウィークロングセール「Waveform」19円「4 Elements」79円など62タイトルが最大96%オフ
GamersGate PCゲーム セール情報:Warhammer 40,000ストラテジー「Space Hulk」$2.50「Space Hulk Ascension」$7.50
Amazon PCゲームセール情報:週替わりセール「Sacred 3」「Killer is Dead」「Saints Row IV」が半額セール中

スポンサード リンク

2013年03月22日

Steamスプリング・インディー・セール:パズルからホラー、RPGまで「お勧めインディーゲーム50作品!」その4

ゲームオンチ的独断と偏見による「お勧めインディーゲーム50選」〜シューター編〜

PAX Eastやthe Independent Games Festival受賞タイトルを中心に、Steamでインディーゲームが大量にセール中です。
もしかすると50以上ありそうな気もしますが、セール中のゲームからおすすめを、だいたい50作品ほど選んでみました。
※当初まとめて公開していましたが、数が多すぎてクラッシュしてしまうので、ジャンルごとにわけることにしました。(2013年3月22日 7:00)

Nation Red $1.99

Nation Red は超速360度見下ろし型シューティングゲームです。至近距離バトルフィールドを体感しつつ、70ものパークを獲得しながら何千ものゾンビミュータントとボスに立ち向かう熱狂血まみれのゲームプレイを楽しむことができます。
1977年8月17日:
米国中西部遠隔の村々がゾンビ集団に侵入される。まだ武器を使うことを知らなかったゾンビ集団は、住民の抵抗に屈し砂漠へ後退。特殊部隊による6週間に渡る掃討作戦の後、最後に残ったゾンビの撲滅が確認された。
現在
アリゾナ州人里離れた砂漠道路。ゾンビ撲滅から30年以上が経過した今、運転中のトラックが突っ込んだのはゾンビの集団だった。 ゾンビが武器を持っている・・・。それだけ言うと運転手の携帯シグナルは途絶えてしまった。 何千と群れをなし甦ってきたゾンビ。はたして打ち勝つことが出来るか!?
参照:Steam

Everyday Shooter $2.49


Everyday Shooterはゲームのアルバムだ。抽象的シューターの表現力豊かなパワーを探る。
自堕落な破壊音は、すべてがギターで奏でられるサウンドトラックと調和するギター・リフに置き換えられている。変調の間、形は流れる幾何学的な美しさを賛美する。

※長いのでつづきはこちら


タグ:PCゲーム STG
posted by ゲームオンチ1号 at 07:19 | お勧めゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Steamスプリング・インディー・セール:パズルからホラー、RPGまで「お勧めインディーゲーム50作品!」その3

ゲームオンチ的独断と偏見による「お勧めインディーゲーム50選」〜アクション編〜

PAX Eastやthe Independent Games Festival受賞タイトルを中心に、Steamでインディーゲームが大量にセール中です。
もしかすると50以上ありそうな気もしますが、セール中のゲームからおすすめを、だいたい50作品ほど選んでみました。
※当初まとめて公開していましたが、数が多すぎてクラッシュしてしまうので、ジャンルごとにわけることにしました。(2013年3月22日 7:00)

アクション
Hotline Miami $4.99


Hotline Miamiは粗暴な残虐行為、非情な銃撃戦、頭を叩き割る接近戦にあふれたハイオク・アクションゲーム。
もう一つの1989年を舞台に、留守番電話のメッセージからの指令で、いかがわしい裏社会を相手に残虐に大暴れするミステリアスなアンチヒーローを演じる。
おまえはすぐにでも、なぜそういった暴力行為に及んでしまうのか事態を把握するため、苦労することになるだろう。
汚い敵のおかげでたえず孤立無援を強いられる一見どうしようもない事態も片づけてしまう、おまえの才能を信じろ。
アクションは容赦なく、すべてのショットが致命的だ。血の雨を降らせる邪悪な力がベールを脱いでも生き延びたければ、あらゆる動作は素早く決定的でなければならない。
Hotline Miamiの他に例を見ないビジュアルスタイル、ドライビング・サウンドトラック、シュールなイベントの連鎖は、残酷で情け容赦ないチャレンジで自分を限界へ追い込むうちに、血に飢えた自分自身への疑問を投げかける。

Tiny and Big: Grandpa's Leftovers $3.99


ユニークなサンドボックスゲームプレイ。
グラップリングロープを使え。先進のロケット科学、全世界を賽の目に切り刻んでしまう高度なレーザーメス、プレイヤー独自のスタイルであらゆる障害を乗り越えろ。
Tinyに続いて怪奇で陽気なアドベンチャーへ乗り込み、爺ちゃんのパンツを取り戻す壮大なクエストの旅へ出発だ。
安心しろ。おまえは何も読み間違ってはいない。
愛情を込めて手作りされたテクスチャー、素晴らしい陰影のシェーディング、ダイナミックなサウンドとテキストエフェクトは、おまえをグラフィックノベルの中にぶっ込んじまう。

※長いので続きはこちら
タグ:PCゲーム ACT
posted by ゲームオンチ1号 at 07:11 | お勧めゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Steamスプリング・インディー・セール:パズルからホラー、RPGまで「お勧めインディーゲーム50作品!」その2

ゲームオンチ的独断と偏見による「お勧めインディーゲーム50選」〜パズル編〜

PAX Eastやthe Independent Games Festival受賞タイトルを中心に、Steamでインディーゲームが大量にセール中です。
もしかすると50以上ありそうな気もしますが、セール中のゲームからおすすめを、だいたい50作品ほど選んでみました。
※当初まとめて公開していましたが、数が多すぎてクラッシュしてしまうので、ジャンルごとにわけることにしました。(2013年3月22日 7:00)

Closure $3.99


Closureの暗くミステリアスな世界ではあなたの目に見えるものだけが実在します。
複数の賞を受賞したこのパズルゲームで、現実の内と外で段階的にライトを操作して下さい。
奇妙なクモのようなデーモンとしてプレイしてください。例えば古びた工場や暗い森、放棄されたカーニバル、そしてそれぞれをつなぐシュールな領域など、美しく不気味な環境のなかで、三人の人間のキャラクターの物語を調査しましょう。

World of Goo $2.49


生きていて、もじもじしていて、喋っているべたべたのかたまりをドッグ&ドロップしましょう。
建物、橋、砲弾、飛行船、巨大な舌を造るためです。
美しいGooの世界では数百万のGooボールが暮らしています。彼らは探検したがっています。でも彼らはゲームの中だということ知りません。あるいは、とてもおいしいということも。

※長いので続きはこちら
タグ:PCゲーム
posted by ゲームオンチ1号 at 07:05 | お勧めゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Steamスプリング・インディー・セール:パズルからホラー、RPGまで「お勧めインディーゲーム50作品!」その1

ゲームオンチ的独断と偏見による「お勧めインディーゲーム50選」〜プラットフォーマー編〜

PAX Eastやthe Independent Games Festival受賞タイトルを中心に、Steamでインディーゲームが大量にセール中です。
もしかすると50以上ありそうな気もしますが、セール中のゲームからおすすめを、だいたい50作品ほど選んでみました。
※当初まとめて公開していましたが、数が多すぎてクラッシュしてしまうので、ジャンルごとにわけることにしました。(2013年3月22日 7:00)

Braid $3.99


Braidは絵画的なスタイルで描かれたパズル・プラットフォーマーです。そこではおかしな、変わった方法で時間の流れを操ることが出来ます。
都市の中の家から様々な世界へ旅し、さらわれたプリンセスを救い出すためにパズルを解いてください。

Cave Story+ $3.99


ほぼ間違いなく史上もっとも有名なインディーゲーム。Cave Story(洞窟物語)の特徴は完全オリジナルのストーリーラインを個性と神秘、何時間ものペースの速い楽しみで包んでいることだ。
Cave Storyは絶賛されたインディペンデントのデザイナー天谷大輔(あるいは彼のファンにとってはPixelか)によるアクション・アドベンチャーだ。

※数が多すぎるので続きはこちら
posted by ゲームオンチ1号 at 06:22 | お勧めゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

お勧めゲーム:2012年、本当に面白かったPCゲームはなんなんだ!?「ゲームオンチ的ベスト40ぐらい」

おすすめゲーム2012「ゲームオンチ的ベスト40ぐらい」

大晦日ともなると1年を振り返ってみたくなるもので、今年1年で一番評価の高かったゲームは結局なんなのかを探るべく、適当にゲームオンチ指数をでっち上げて検証してみました。
ゲームオンチ指数の算出方法は以下の通り。
・PCゲーム限定。(家庭用ゲーム機に疎いので)
・良い評判を耳にしたゲームや話題作の一覧を独断と偏見で作成。
・metacriticのMetascore、User Score、GamersGateのレーティング、Green Man Gamingのユーザーレビューの平均点、GOG.comのレーティングを算出。
・すべての点数を分母が100点になるように整える。
・すべての点数の平均を算出。

ちなみにバイオハザード6のみPC版は一切点数が得られなかったためPS3版とXbox360版の点数をもとに平均化しています。
算出方法に問題があることや、おもしろいゲームは人それぞれといった意見があることは十分に承知していますが、平均点を出すことには極論を省くという効果があり、万人向けの人気ゲームを探る一助になると考えています。
実際、Dear Estherには100点から20点まで点数の振れ幅があり、明らかに「このゲームを100点といっておけば通っぽい」というマニアっぽい意識が働いていることがうかがえます。平均化すればそのような極端な評価を現実的な数値に近づけることが出来ます。
また、ゲームオンチ的には「アメリカン・ビューティー」よりも「ダイ・ハード」の方が面白い映画と評価されるべきだ、と思っていますので、通好みなだけのゲームを排除するためにも平均点こそが面白いゲームを選出する最良の方法と考えます。
また、ユーザーによる評価が重く出る計算式になるため、批評家のひねくれたゲーム評よりも、よりユーザーにとって参考になる数値が出ていると思います。

ということで、堂々の一位から発表です。

1位「The Walking Dead」91.33点


Metascore:90 User Score:88 GG Rating:96 12月11日リリース
さすがVGA 2012のゲーム・オブ・ザ・イヤーです。
正直なところ計算前は他のゲームになるだろうと思っていたのですが、きっちり1位でした。

2位「Torchlight II」90.66点


Metascore:88 User Score:88 GG Rating:96 9月20日リリース
批評家による評価よりもユーザー評価が高く、堂々の2位です。
もちろん話題にはなりましたが、本当はもっと高く評価されて良いゲームなのかもしれません。

3位「LA-MULANA」89.33点


Metascore:82 User Score:86  GG Rating:100 7月13日リリース
日本誇る傑作アクションゲームが堂々の3位です。
待望されていただけあって、むしろ海外の方が評価が高いという気もします。
母数が少ないのですが、GamersGateの満点が効きました。

※長いので続きはこちら
タグ:PCゲーム
posted by ゲームオンチ1号 at 16:49 | お勧めゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサード リンク
新品/中古ゲーム販売 通販ショップの駿河屋

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

s